情報リソース・アーカイブ
  ◎凡例: [ ]: 発行日[YYMMDD]。
        (PDF): PDF資料のダウンロード可。 
        (pp. X): PDF資料のページ数。
重要トレンド
注目トレンド
 総務省:「『教育ICTの新しいスタイル クラウド導入ガイドブック2015』の公表」[150522]
 総務省:「平成24年通信利用動向調査の結果」[130614] (PDF)
  1.主要情報通信機器の普及状況  
  2.インターネットの利用動向
  3.ソーシャルメディアの利用動向
  4.クラウドサービスの利用状況(企業)
  5.企業通信網に対するセキュリティ侵害状況
  6.標的型メールの被害状況と対策の状況(企業)
  7.デジタルテレビ放送の利用状況
 総務省:「サービス産業動向調査」 (PDF)(Excel)
  ・平成25年3月分速報、平成25年1~3月期速報 [130531]
  ・平成24年12月分確報、平成24年10~12月期確報、平成24年確報 [130531]
    [注] 本調査は、サービス産業全体の生産・雇用等の動向を把握し、GDP(国内総生産)を始めとする各種経済指標の精度向上、サービス産業に係る政策の企画立案及び民間部門における研究や経済活動の意思決定等に資することを目的として毎月実施。
 IDC Japan:「~ 事業者データセンター投資は順調に拡大するも、企業内データセンター投資は抑制傾向 ~  国内データセンター管理者調査結果を発表 」[160726]
 IDC Japan:「~ デジタルトランスフォーメーションの規模拡大を牽引せよ ~ 2016年版 世界と国内のIT市場に関する予測を発表」[151209]
 IDC Japan:「第3のプラットフォーム時代に加速するイノベーション」[150417]
 IDC Japan:「国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場 企業ユーザー分析結果および市場予測を発表」[150521]
 IDC Japan:「国内インテグレーテッドシステム受容性調査結果を発表」[150518]
 IDC Japan:「~ユーザー部門によるIT投資が加速~、国内企業IT購買行動変化の調査結果を発表」
 IDC Japan:「~ IT産業の構造変化を加速する第3のプラットフォーム ~  2013年 国内IT市場の主要10項目を発表」[121213]
 ガートナー ジャパン、「ビジネス・コスト最適化の10のアイデア」を発表 [160905]
 ガートナー ジャパン、「『バイモーダル』なIT組織に関する調査結果を発表」[160601] ←〔約3割は従来のIT部門とは別に専門組織を立ち上げていることが判明〕
 ガートナー ジャパン、「日本におけるモノのインターネットに関する調査結果を発表」[160426]
 ガートナー ジャパン、「クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表」[160421]
 ガートナー ジャパン:「2016年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望『Gartner Predicts 2016』を発表」[151028]
 ガートナー ジャパン:「2016年以降の日本におけるソーシングとITサービスの展望を発表」   今後3年間の活動が、IT部門のソーシングの成否を分ける「分水嶺」に [151209]
 ガートナー:Worldwide IT Spending on Pace to Grow 2.4 Percent in 2015〔英文〕 (2015年の全世界IT消費は約380兆円で、前年比2.4%の伸び)[150112]
 ガートナー ジャパン:「デジタル・ビジネス経済により、すべてのビジネス部門が テクノロジ・スタートアップになるとの見解」を発表 [141028]
 ガートナー ジャパン:「2015年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表 [141028]
 ガートナー ジャパン:「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2014年」を発表 [141029]
 ガートナー ジャパン:「『先進テクノロジのハイプ・サイクル: 2014年』を発表、デジタル・ビジネスに向けた動きが明確に」[140903] ガートナー、2014年以降の日本企業のITインフラストラクチャの将来に向けた 展望を発表
 ガートナー ジャパン:「モノのインターネット (IoT) がデータセンターを変革するとの見解を発表」
  2020年までにIoTのデバイス数は260億ユニットを超え、データセンターのあらゆる側面で新たな課題が発生
 ガートナー ジャパン:「2014年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望 『Gartner Predicts 2014』」を発表」 [131008]
 ガートナー ジャパン: 「2013年以降の日本におけるITインフラストラクチャに関する取り組みに重要な影響を与える展望」[130409]
 ガートナー ジャパン: 「2013年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望『Gartner Predicts 2013』を発表」[121113]
 ガートナー ジャパン: 「2013年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表」[121107]
 富士通総研:「ビジョンの変遷に見るICTの将来像」[130600] (pp 105)
 1945年から現在に至るまでに生み出されてきたコンピューティングのビジョンを考察することで、将来のICTのあり方とコンピューティングの将来像を議論する。
 富士通総研:「ソーシャルメディアに表明される声の偏り」[120500] (pp. 29)
 ソーシャルメディアの声を通じて消費者を理解する上で、どのような留意点が必要かを探ったものである。表明された感想や意見は必ずしも本音が反映されたものではなく、一定方向にバイアスがかかることが判明した。その偏りは、実名か匿名か、友人までの限定公開か不特定多数への公開かといった状況によって異なり、自分と異なる意見群にも多大な影響を受けることが明らかになった。ソーシャルメディアを利用して、顧客や生活者の声を探るとき、こうした傾向を把握することが、正確な理解とマーケティング効率の向上のために必要ではないだろうか。

クラウド・コンピューティング
 経済産業省:「企業のクラウドサービス利用に際しての最新事例に対応!『クラウドセキュリティガイドライン改訂版』と『活用ガイドブック』を作成しました」
 経済産業省: 「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」報告書の公表 [100816](PDF) (合計pp. 89)
    (別添1) クラウドサービスレベルのチェックリスト
    (別添2) 技術ロードマップ (PDF)
 経済産業省:「クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインの公表」
   ~クラウドサービスの安全・安心な利用に向けて~ [110401] (PDF) (合計pp. 119)
 経済産業省:「技術戦略マップ2012(コンテンツ分野)」 平成24年4月 (PDF)(pp. 39)
 経済産業省:「中小ITベンダが今後のクラウドビジネス等に対応したサービス供給力を強化するための教材コンテンツ」2012年2月第2版(PDF)(pp. 17)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST):【SP800-145】 「The NIST Definition of Cloud Computing」(SP800-145) [110928] (PDF) (pp. 7)
 「クラウド・コンピューティングの定義」 【最終版】(英文)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST):【SR500-291】 「NIST Cloud Computing Standards Roadmap – Version 1.0」 [110700] (PDF) (pp. 76)
 「クラウド・コンピューティング標準化ロードマップ」(SP500‐291)(英文)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST):【SP500-292】 「NIST Cloud Computing Reference Architecture」 [110908] (PDF) (pp. 35)
  「クラウド・コンピューティング・リファレンス・アーキテクチャー」(SP500-292) (英文)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST):【SP500-293-I】 「US Government Cloud Computing Technology Roadmap 〔Volume I〕 Release 1.0 (Draft)」 [111100] (PDF) (pp. 32)
 「米国政府クラウド・コンピューティング技術ロードマップ」〔第1巻〕(ドラフト)(SP500-293) (英文)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST):【SP500-293-II】 「US Government Cloud Computing Technology Roadmap 〔Volume II〕 Release 1.0 (Draft)」 [111100] (PDF) (pp. 85)
 「米国政府クラウド・コンピューティング技術ロードマップ」〔第2巻〕(ドラフト)(SP500-293) (英文)
 米国商務省国立標準技術研究所(NIST): 「Useful Documents for Cloud Adopters」
 「NISTのクラウド・コンピューティング有用資料一覧ページ」
(PDF) (英文)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):IPA テクニカルウォッチ
 「クラウドコンピューティングのセキュリティその意味と社会的重要性の考察」レポート
[120424](PDF)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「『中小企業のためのクラウドサービス安全利用の手引き』、および『クラウド事業者による情報開示の参照ガイド』について」[110425] (PDF)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「社内向けクラウド構築のために活用できるソフトウェアカタログ」[110614] (PDF)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「震災時の緊急支援に役立てられたクラウドサービスの事例と、復旧・復興に向けたクラウドサービス安全利用に関する資料の公開」[111219] (PDF)
  ・「東日本大震災に際して提供されたクラウドサービスの事例集」 (146KB)
  ・「クラウドサービス安全利用のすすめ」 (2.50MB)
  ・「震災からの復旧・復興における情報システムの再構築にクラウドサービスが活用される可能性について」 (1,516KB)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):  『米国商務省国立標準技術研究所(NIST)資料の翻訳』(PDF)  ◇SP 800-145(2011年09月) 「NISTによるクラウドコンピューティングの定義」 (The NIST Definition of Cloud Computing)   [注] 当該資料は、このIPAウェブ・ページの最下部にあり。
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):  『米国商務省国立標準技術研究所(NIST)資料の翻訳』(PDF)  ◇SP 800-144(2011年12月) 「パブリッククラウドコンピューティングのセキュリティとプライバシーに関するガイドライン」 (Guidelines on Security and Privacy in Public Cloud Computing)   [注] 当該資料は、このIPAウェブ・ページの最下部にあり。
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):  『米国商務省国立標準技術研究所(NIST)資料の翻訳』(PDF)  ◇SP 800-146(2012年05月) 「クラウドコンピューティングの概要と推奨事項」(Cloud Computing Synopsis and Recommendations)   [注] 当該資料は、このIPAウェブ・ページの最下部にあり。
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):「米国におけるクラウドコンピューティング産業の動向」(PDF) (pp. 30)
 IDC Japan:「国内PaaS(Platform as a Service)市場予測を発表」[151215]
 IDC Japan:「国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表」 [160118]
 IDC Japan:「国内クライアント仮想化関連市場予測を発表」[151130]
 IDC Japan:「国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表」 [141212]
 IDC Japan:「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」[140421]
 IDC Japan:「国内PaaS(Platform as a Service)市場 競合分析結果を発表」[140414]
 IDC Japan:「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」[140421]
 IDC Japan:「国内PaaS(Platform as a Service)市場 競合分析結果を発表」[140414]
 IDC Japan:「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」[130401]
 IDC Japan:「国内プライベートクラウド市場予測を発表」 (130812)
 IDC Japan:「国内仮想化ソフトウェア市場予測を発表」 (130819)
 IDC Japan: 「国内クライアント仮想化市場予測を発表」[120607]
 IDC Japan: 「国内企業のデータ保護/DR対策の分析とクラウドサービスへの移行に関する調査結果を発表」[120605]
 IDC Japan: 「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」[120504]
 IDC Japan: 「国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測を発表」[120416]
 IDC Japan: 「国内クラウドアプリケーションプラットフォームソフトウェア市場 ベンダー競合分析結果を発表」[120409]
 IDC Japan: 「国内クラウド市場ユーザー動向調査結果を発表」[110726]
 IDC Japan: 「国内プライベートクラウド市場予測を発表」[110912]
 IDC Japan: 「国内プライベートクラウド管理ソフトウェア市場予測を発表」[110914]
 IDC Japan: 「国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測を発表」[111101]
 IDC Japan: 「国内クラウドサービス市場予測を発表」[111109]
 NTTデータ: 「NTTデータの総合クラウドサービス『BizXaaS』(ビズエクサース)」
 IT Pro(日経コンピューター):「国内クラウドインフラソフト市場は2015年に前年比36.5%増の196億1500万円、2019年には572億円に拡大—IDC」[160118]
 NTTデータ:「クラウド時代のネットワーク仮想化技術の現状と動向」[110128] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「日本のクラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表」[150428]
 ガートナー ジャパン:「ガートナー、クラウドは有望な選択肢の1つながら多くのCIOが最優先項目として捉えていないとの見解を発表」[150324]
 ガートナー ジャパン:「ハイブリッド・クラウド・コンピューティングをめぐる混乱を解消し、準備を開始する」[130307]
 
ガートナー ジャパン: 「2013年の展望:クラウドとサービスのセキュリティ 」 [130419]
 ガートナー ジャパン: 「ガートナー、2015年までのクラウド戦略に影響を及ぼす5つのクラウド・コンピューティングのトレンドを発表 」[120410]
 Computerworld紙:「クラウドにおける『マルチテナント』の意味を理解する」 [100528]
 Computerworld紙:「『CUE』と『WUE』―新たなデータセンターの環境負荷指標」 [101209] (PDF)
 Tech Target 記事: 「2011年クラウド業界を振り返る ~IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方』 (クラウドガバナンス座談会)
 東芝ソリューション: 「クラウドソリューション」
 日本IBM: 「お客様の成長戦略を支えるIBMクラウド」(IBM SmarterCloud)
 日本IBM: 「クラウド・コンピューティング」
 日本IBM: 「世界共通パブリック・クラウド・サービスの機能を拡張」[111129]
 日本IBM:「業界の変革を実現するインダストリー・クラウド」(PROVISION誌68号)[110200] (PDF) 日本電気: 「NECのクラウドの特長・強み」
 NEC: 「クラウドを見据えた既存システムとの付き合い方」[100800] (PDF)
 日本HP:「クラウドを実現するHP戦略」
 日本ユニシス: 「クラウドコンピューティングサービス『U-Cloud』」
 日立: 「日立クラウドソリューションHarmonious Cloud」
 日立: 「ITプラットフォーム」(日立評論)[110100] (PDF)
 富士通: 「障害を予知し事前に回避する新しいクラウド障害対処技術」(富士通ジャーナル)[100501]
 富士通: 「クラウド・コンピューティング」
 ミック経済研究所: 「業務系SaaS&PaaS市場の現状と展望 2011年度版」 [110831]
 ミック経済研究所: 「成長を牽引するPaaS・IaaSとITアウトソーシング市場展望2012年版」[120410]
 ミック経済研究所:「クラウドサービス(SaaS・ASP)市場の現状と展望 2015年度版」[150703]
 三菱電機: 「企業の発展を支えるオンデマンドITサービス“DIAXaaS”」 [110800] (PDF) (合計p. 10)
     [注] 三菱電機の機関紙『三菱電機技報』(Vol.85, No.8, 2011年8月号)。 
        クラウドに関する論文10編(主旨のみ)。
 矢野経済研究所: 「シェアードサービスセンターに関する調査結果2012」[120709]
 矢野経済研究所:「クラウドコンピューティングの利用に関する調査結果 2011」 [111206] (PDF)
 矢野経済研究所: 「インターナルプライベートクラウド市場に関する調査結果2010」
 矢野経済研究所: 「業界クラウド・業際クラウドに関する調査結果 2011」[111111] (PDF)[110203] (PDF)
 矢野経済研究所: 「クラウドコンピューティングの利用に関する法人アンケート調査結果 2012」[130204]⇒【注:ウェブ・ページ右上の発行日付の所にpdfダウンロードあり】
 一般財団法人マルチメディア振興センター: 『クラウドサービス情報開示認定』 「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」 [注] この制度は、クラウドサービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」を認定するもの。

事業継続(BCP/BCM)
 経済産業省:「『ITサービス継続ガイドライン』の公表について」 [080903] (PDF) (pp. 52)
 中小企業庁:「中小企業BCP策定運用指針」 [110120] (PDF) (pp. 56)
 東京商工会議所:「東京版、中小企業BCPステップアップ・ガイド」 [091207] (PDF) (pp. 107)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):「米国の災害対策におけるITの役割」(PDF) (pp. 30)
 沖電気: 「金融機関向けソリューション、事業継続」
 ガートナー ジャパン:「2011年の展望:プログラム管理の誤りがBCMを沈没させる」[110308] (PDF) (pp. 8)
 ガートナー ジャパン:「事業継続管理者の概要(役割)」[11074] (PDF) (pp. 8)
 ティ・アイ・ディ: 「事業継続ソリューション」
 東芝ソリューション:「復旧・復興支援メニュー、ディザスタリカバリソリューション」
 日本IBM:「危機管理・事業継続ソリューション」
 日本IBM:「事業継続とレジリエンス─緊急時に求められるビジネス回復力」
   [注] 日本IBMの技術情報交換誌『PROVISION』(Summer 2011, No.70)
   ★事業継続とレジリエンス(復元力、回復力)の論文、事例、インタビューが多数あり、必読![PDF]
 日本IBM:「危機管理・災害対策ソリューション:事業継続・回復編」
 日本電気:「NECの事業継続(BC)ソリューション」
 日本HP:「事業継続・災害対策、数十年に一度の事態にも備える継続的な取り組み」
 日本ユニシス:「事業継続マネジメント(BCM)」
 日立:「BCM対応ソリューション」
 富士通:「事業継続(BC)」
 丸紅OKIネットソリューションズ: 「リスク回避/事業継続」
 三菱:「リスクマネジメント」
 ミック経済研究所:「バックアップ/リカバリ・ソリューション 市場の実態と展望 2012年度版」 [120330]
 ミック経済研究所:「DR(ディザスタリカバリ)ソリューション市場の現状と展望 2011」 [110720]
 ユニアデックス: 「事業継続支援ソリューション 災害情報共有システム」

ビッグデータ
 ガートナー ジャパン:「ビッグ・データに関する調査結果を発表」[150525]
 ガートナー ジャパン: 「2013年の展望:ビッグ・データと情報インフラストラクチャ 」 [130405]
 ガートナー ジャパン: 「国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する調査結果」[130513]
 IDC Japan:「国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測を発表」 [130816]

企業動向
 日立:「日立電子サービスと日立情報システムズが合併」し、『株式会社日立システムズ』(仮称)設立へ [110328]
 矢野経済研究所: 「情報システム子会社の経営実態に関する法人アンケート調査結果2013」[130318] ⇒【注:ウェブ・ページ右上の発行日付の所にpdfダウンロードあり】
 矢野経済研究所: 「情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2013」[130318] ⇒【注:ウェブ・ページ右上の発行日付の所にpdfダウンロードあり】

マーケティング視点
IT市場規模予測/IT投資動向
 IDC Japan:「国内産業分野別IT支出動向および予測を発表」[151218]
 IDC Japan:「国内IT市場 地域別予測を発表」[160113]
 IDC Japan:「国内ITサービス市場予測を発表」[151013]
 IDC Japan:「国内製品別IT市場予測を発表」[150513]
 IDC Japan:「国内IoT(Internet of Things)市場予測を発表」[150205]
 IDC Japan:「2014年上半期 国内ネットワーク機器市場実績値および予測アップデートを発表」 [150112]
 IDC Japan:「国内スマートフォン/タブレット/PC利用実態調査結果を発表」[141210]
 IDC Japan:「国内クライアント仮想化関連市場規模予測を発表」[141211] アイ・ティ・アール:「国内IT投資動向調査報告書2011」[101213]
 IDC Japan:「国内ITサービス市場予測を発表」 [131030]
 IDC Japan:「国内データセンターサービス市場予測を発表」 [131001]
 IDC Japan: 「国内マネージドサービス市場 企業ユーザー調査結果を発表」[130516]
 IDC Japan: 「国内クライアント仮想化市場予測を発表」[130430]
 IDC Japan: 「国内製品別IT市場予測を発表」[130422]
 IDC Japan: 「国内データセンター新設投資予測を発表」[130416]
 IDC Japan: 「国内ITサービス市場予測を発表」[130305]
 IDC Japan: 「国内データセンター向け設備市場予測を発表」[130226]
 IDC Japan: 「国内ITサービス市場 産業分野別ベンダー競合分析結果を発表」[130107]
 IDC Japan: 「国内ITサービス市場予測を発表」[120705]
 IDC Japan: 「国内中堅中小企業IT市場予測を発表」[120702]
 IDC Japan: 「2012年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表」[120628]
 IDC Japan: 「国内BPOサービス市場業務機能別・産業分野別予測を発表」[120626]
 IDC Japan: 「国内データセンター建設市場予測を発表」[120621]
 IDC Japan:「2012年 国内IT市場の主要10項目を発表」 [111215]
 IDC Japan:「国内産業分野別IT支出動向および予測を発表」 [111129]
 IDC Japan:「国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向及び予測を発表」 [110808]
 IDC Japan:「国内製品別IT市場予測を発表」 [110810]
 IDC Japan: 「~仮想化と自動化が市場を牽引~
   国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場予測を発表」[110823]
 IDC Japan: 「国内ITサービス市場 ベンダー競合分析結果を発表」[110915]
 IDC Japan:「大震災の影響を考慮した国内IT市場予測を発表 」 [110408]
 IDC Japan:「2010年 国内中堅中小企業IT市場 地域別動向を発表 」(東日本大震災影響考慮) [110425]
 IDC Japan:「国内クライアント仮想化市場規模予測を発表 」(東日本大震災影響考慮) [110426]
 IDC Japan:「国内クライアントPC市場予測を発表 」(東日本大震災影響考慮) [110427]
 IDC Japan:「国内サーバー市場予測を発表 」(東日本大震災影響考慮) [110427]
 IDC Japan:「国内ITサービス市場予測を発表」[140218]
 IDC Japan:「国内データセンター新設投資予測を発表」[140422]
 IDC Japan: 「国内ユニファイドコミュニケーション市場企業ユーザー調査を発表」[110124]
 IDC Japan: 「国内ITサービス市場予測を発表」[111011]
 IDC Japan: 「国内ビジネスサービス市場予測を発表(BPO)」[111116]
 IDC Japan:「2010年国内サーバー市場動向を発表」 [110307]
 IDC Japan:「国内ITサービス市場予測」[110221]
 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA):「電子情報産業の世界生産見通し」 [111215] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「2015年度国内IT投資動向を発表」[150303]
 ガートナー ジャパン:「日本企業のIT支出予測:2013年-日本のユーザー企業は、何に投資し、何に投資しないのか」[130214]
 ガートナー ジャパン:「東日本大震災がICT市場/産業に及ぼす影響」 [110322]
 ガートナー ジャパン:「企業内クラウド・コンピューティングの多様な側面に関するQ&A」[110215]
 ガートナー ジャパン:「2012年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望 『Gartner Predicts 2012』 を発表」 [111214]
 ガートナー ジャパン、「東日本大震災後の国内ICT市場予測」[110711]
 ガートナー ジャパン:「世界のサーバ売上高、出荷台数が2010年第4四半期も増加」 [110228]
 ガートナージャパン: 「国内企業のIT投資動向」[110202]
 ガートナー ジャパン: 「2015年までの『国内ITサービス市場規模予測』を発表」
 ガートナー ジャパン: 「2015年までの世界のITアウトソーシング市場予測を発表」[120523]
 Computerworld紙:「IEEE、クラウド・コンピューティングの標準策定へ」[110405]
[110808]
 電子情報技術産業協会(JEITA):「電子情報産業の世界生産見通し2014」 【2014年12月発行】
       ⇒〔pdfファイルがダウンロードされる〕

  ◇電子情報産業の世界生産額推移〔億円〕
  ◇日系企業の生産額推移〔億円〕
  ◇電子工業の国内生産額推移〔億円〕
 野村総研: 「IT主要分野の市場予測」(ネットビジネス、モバイル、ブロードバンド他)[110120] (PDF)
 ミック経済研究所:「ITアウトソーシング市場展望2015年度版」[151021]
    ~ 複数のクラウドを組み合わせてシステムを 構築する企業が急増!クラウドの市場牽引は継続! ~
 ミック経済研究所: 「ITサービス市場の実態と展望2014年版」
 ミック経済研究所: 「ITアウトソーシング市場展望2013年版、~オンプレのアウトソース化が顕著! 景気回復のIT戦略見直しが後押しに!~」[130418]
 ミック経済研究所: 「ITサービス市場の実態と展望2013年版、~ ITサービス市場ついに底打ち! ~」[130216]
 ミック経済研究所: 「クラウド型&非クラウド型IT市場の現状と展望2010年度版」
 ミック経済研究所:「ITサービス市場の実態と展望2011年度版」
 矢野経済研究所: 「データセンター事業に関する調査結果 2013」[130222]⇒【注:ウェブ・ページ右上の発行日付の所にpdfダウンロードあり】
 矢野経済研究所: 「BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果 2012」[120627]
 矢野経済研究所: 「ソーシャルメディアマーケティング支援市場に関する調査結果 2012」[120613]
 矢野経済研究所: 「ビッグデータ市場に関する調査結果 2012」[120424]
 矢野経済研究所: 「スマートフォンアプリ市場に関する調査結果 2012」[120327]
 矢野経済研究所: 「国内企業のIT投資に関する調査結果 2011」[111012] (PDF)
 矢野経済研究所: 「ITアウトソーシング市場に関する調査結果 2011」[111031] (PDF)
白書・実態調査
 経済産業省:『特定サービス産業動態統計速報(平成27年11月分)速報』 2.情報サービス業 [160114] ⇒ pdfファイル
 経済産業省:『特定サービス産業動態統計速報(平成27年11月分)速報』 2.情報サービス業 [160114] ⇒ エクセルファイルのダウンロード
 経済産業省:「『平成26 年特定サービス産業実態調査』の速報結果を公表」[150422]
 経済産業省:「特定サービス産業動態統計調査」(Ecxel)
   [注] 調査結果の数値(Excelファイル)は、『調査の結果』の『統計表一覧』のページにあり。
    【対象業種】 2.情報サービス業
            6.インターネット附随サービス業
 経済産業省:「平成25年特定サービス産業実態調査(確報)」[141031]
 経済産業省:「平成25年情報処理実態調査」 [140528]  (平成24 年度(2012年度)末時点の実態)
   1. 企業又は事業団体の概要
   2. IT組織の状況
   3. EC(電子商取引)の状況
   4. 情報処理関係支出の状況
   5. 情報セキュリティの状況
   6. クラウド・コンピューティングの利用状況
   7. スマートフォン及びタブレット端末の業務利用の状況
 経済産業省:「平成25年情報通信業基本調査確報、-平成24年度実績-」  情報通信業に属する企業の実態を明らかにし、情報通信政策の基礎資料を得る。
  ◇第1章は、情報通信業の全体概要を示すことを目的に、企業数、事業所数、従業者数、財務状況等、全業種共通な調査事項について集計・分析した。
  ◇第2章以降は、情報通信業を構成する各業の実態を明らかにすることを目的に、サービス別売上高、事業別設備投資額、外部委託の状況や今後の事業運営等、各業に固有な調査事項について集計・分析した。
 総務省:「平成25年情報通信業基本調査の結果(速報)」[131029] (pp56)
 第1章 情報通信業を営む企業の概要【全業種共通事項調査】
 第2章 電気通信業、放送業
 第3章 放送番組制作業
 第4章 インターネット附随サービス業
 第5章 情報サービス業
   1.企業数と売上高の状況
   2.開発・制作部門に係る外部委託の状況
   3.開発・制作部門に係る受託の状況
   4.開発・制作部門に係る従業者数の状況
   5.開発・制作部門に係る人材育成の状況
 第6章 映像・音声・文字情報制作業"
 総務省:「サービス産業動向調査年報 平成24年」 (PDF)
 全サービス産業の内、「情報通信業」の年間売上高は40 兆7777 億円となり,前年と比べると2.3%の増加となった。 産業中分類別に前年と比べると,「映像・音声・文字情報制作業」が9.4%の増加,「通信業」が8.6%の増加となったが,「情報サービス業」が3.7%の減少,「放送業」が2.5%の減少,「インターネット附随サービス業」が0.2%の減少となった。
 経済産業省:「特定サービス産業動態統計調査」[最新版](Excel)
 [注] 対象は、このウェブ・ページの『2.情報サービス業』。 実数データがエクセルでダウンロードできる。
 経済産業省:「平成23年情報処理実態調査の結果報告」[120718](PDF, pp.80) (1)情報処理関係支出の状況 (2)業務領域別情報システムの取り組み状況 (3)情報処理要員の状況 (4)ECの状況 (5)IT投資効果の状況 (6)組織と権限 (7)情報セキュリティの状況 (8)クラウド・コンピューティングの利用状況
 情報サービス産業協会(JISA):「情報サービス産業 基本統計調査(2012年版)」[121225] (PDF) (pp.60)
   [注] 12月発行のため、最新版。
 情報サービス産業協会(JISA):「2013年版 情報サービス産業 基本統計調査」[140129](PDF)
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「IT人材白書2013」[130328](PDF)
 経済産業省:「特定サービス産業動態統計調査」[最新版](Excel)
   [注] 対象は、このウェブ・ページの『2.情報サービス業』。 実数データがエクセルでダウンロードできる。
 総務省: 「統計でみるサービス産業の回復基調
    - サービス産業動向調査の結果から - [140421]
 総務省: 「毎年わかる地域のサービス産業」
    - サービス産業動向調査「拡大調査」の結果から - [140221]
 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS):「企業IT動向調査2013」 [130603] (PDF)

企業IT/ITと企業
 IDC Japan:「2014年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表」[140501]
 IDC Japan:「国内中堅中小企業IT市場 ユーザー調査結果を発表」[140410]
 IDC Japan:「国内ITサービス市場ベンダー競合分析を発表」[130912]
 アクセンチュア: 「俊敏なITが新たな企業モデルを創造する」[101000] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「IT調達の最適化:契約交渉における留意点」[130924]
 経済産業省:「『ITサービス継続ガイドライン』の公表について」 [080903] (PDF) (pp. 52)
 中小企業庁:「中小企業BCP策定運用指針」 [110120] (PDF) (pp. 56)
 東京商工会議所:「東京版、中小企業BCPステップアップ・ガイド」 [091207] (PDF) (pp. 107)
 矢野経済研究所:「中小企業のIT化市場に関する調査結果 2011」 [111202] (PDF)

ユーザー/CIO/IT部門
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査」[110300] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「ITリーダーが予測する10年後のIT部門について 調査結果を発表」[140605]
   - 9割近いITリーダーが、「アウトソースとインソースの明確化が進む」、
       また、「ベンダーへの依存度がより大きくなる」と回答」 -
 ガートナー ジャパン: エグゼクティブ プログラムにおける2,300人以上のCIOへの 調査結果を発表
   - 多くのCIOがエンタプライズITの「第三の時代」である「デジタル化」への
       準備が整っていないと回答 ―
 ガートナー ジャパン: 「世界のCIO 2,053人への調査結果を発表、CIOは“現行のITではもはや将来の期待に応えられない『静かなるIT危機』が迫っている”と提言」
 ガートナー: 「2011年以降にIT部門およびユーザーへ影響を与える重要な展望」[101213]
 ガートナー:「世界のCIO 2,014人の調査結果」[110303]
 ガートナー ジャパン:「ITインフラストラクチャとオペレーションの主要イニシアティブ:2010~2011年」 [110405]
 日本IBM: 「IBM Global CIO Study 2011(翻訳版)」
   [注] 世界中の多様なCIOが実践的なアドバイスと成功事例を提供。企業の改善計画の立案を促すきっかけとして活用可能。
 日本IBM: 「IBM Global CMO Study 2011 (翻訳版)」
   [注] 、世界各地の1,700名以上のChief Marketing Officer(CMO: マーケティング最高責任者)を対象に実施したインタビューに基づいて作成。

グローバル・ビジネス展開
 経産省:「第43回海外事業活動基本調査」 [140425]
    - 平成24(2012)年度実績 -
  我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が、現地及び日本に与える影響を把握することにより、今後の産業政策及び通商政策の運営に資するための基礎資料を得ることを目的としている。
 経済産業省: 「日米欧官民『第7回データセンターワークショップ』における合意文書発出 ~日本発の新たなデータセンターのエネルギー効率評価指標策定に向けて~」[121126]
 経済産業省:「『中小企業海外展開支援大綱』の改訂について~中小企業の海外展開を総合的に支援~」
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA):「米国IT企業のM&A活動の動向」 [111000] (PDF)(pp. 21) 野村総研: 「情報通信産業におけるインフラ輸出を成功させるために」[110100] (PDF)
 IDC Japan:「国内中堅中小企業の海外拠点でのIT支出動向を発表」 [131203]
 IDC Japan:「『国内ITサービスベンダーの新興国市場戦略』分析結果を発表」 [110809]
 IDC Japan: 「国内企業の海外進出とIT課題の調査結果を発表」 [110928]
 ガートナー ジャパン:「日本企業のグローバルITへの取り組み状況」を発表」 [130709]
 ガートナー ジャパン:「ITサービスのオフショア・ロケーション:トップ30」 [110329]
 ガートナー: 「日本企業のグローバル・ソーシング利用、2011年は大手企業を中心に回復」[110824]
 矢野経済研究所: 「企業の海外拠点でのITベンダー活用状況に関する調査結果 2011」[111102] (PDF)
 矢野経済研究所: 「日本企業の海外拠点でのIT投資規模に関する調査結果 2011」[111109] (PDF)
 矢野経済研究所: 「グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2014」[140304]
    [注]ページ右側の日付の下側 の“(詳細はこちら)”をクリック。

新規出現市場
 野村総研: 「"スマートシティ"実現に向けた国内外の取り組み」[110100] (PDF)
 IDC Japan: 「国内スマートシティ関連IT市場予測を発表」[110901]
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「米国におけるソーシャルメディアのビジネス利用に関する動向」[110700] (PDF)
 ミック経済研究所: 「IT活用によるエネルギーマネジメントシステム・ソリューション市場の現状と展望2012年度版 (第5版)」[121225]
テクノロジー視点
ITインフラ/IT基盤
 経済産業省:「平成24年情報通信業基本調査の結果(速報)を公表」[121031](PDF, pp.52)
 日本IBM: 「お客様と共に研究開発を推進し、10年先を見据えたIT基盤作りをサポート」(PROVISION誌) [101000] (PDF)
 NTTデータ:「様々な用途に対応する省電力・低排熱製品『Lindacloud』開発にあたって」[110128] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「最新のデータセンター戦略が必要な5つの理由を発表」[150427]
 ミック経済研究所:「データセンターの消費電力とグリーンIT化の実態調査 【2011年度版】(第4版)」

ネットワーク/コミュニケーション
 IDC Japan: 「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測を発表」[150520]
 IDC Japan: 「国内ユニファイドコミュニケーション市場企業ユーザー調査」[110124]

テクノロジーの動向
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA): 「情報セキュリティ技術動向調査(2011年上期)」[110927] (PDF)
 NTTデータ:「ITトレンド2011 ~社会・企業の変革をもたらす先進テクノロジー~」[110128] (PDF)
 ガートナー ジャパン:「2015年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表 [141028]
 ガートナー ジャパン:「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2014年」を発表 [141029]
 ガートナー ジャパン:「『先進テクノロジのハイプ・サイクル: 2014年』を発表、デジタル・ビジネスに向けた動きが明確に」[140903]
 ガートナージャパン: 「モバイルの戦略的ロードマップ:2012年版」[130319]
 ガートナー ジャパン: 「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年を発表」[121003]
 ガートナー: 「2011年の重要な上位10の戦略的テクノロジー」[101025]
 ガートナー: 「『先進テクノロジのハイプ・サイクル:2011年』を発表」[110907]
 ガートナー ジャパン: 「2014年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表」[131008]
 ガートナー ジャパン: 「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2013年を発表」 [131015]
 ガートナー ジャパン: 「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2013年を発表」(ワールド・ワイド) [130903]
 ベライゾン・ビジネス:「2011年のテクノロジトレンド・トップ10を発表」 [101116]
 野村総研: 「IAサーバー仮想化基盤技術検証」(論文、pp.25) [090000] (PDF)
サービス商品視点
運用フェーズ
 矢野経済研究所: 「システム保守サポートサービスに関する調査結果2010」[101220] (PDF)
 矢野経済研究所: 「BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果 2011」 [110707] (PDF) (pp.3)
 IDC Japan: 「国内製品サポートサービス市場製品セグメント別予測を発表」[111115]
 一般財団法人マルチメディア振興センター: 『クラウドサービス情報開示認定』
  「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」
  [注] この制度は、クラウドサービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」を認定するもの。